第5回 バスドラカップレポート 

2001.11.11 
2001年11月11日に5回目となるバスドラカップを開催しましたのでレポートします。 

いつもながら、レポートの前に、スポンサードいただいている皆様に厚く御礼申し上げます。 
「POPEYE」
・ポパイ本社様 ・ポパイ京都店様
・ポパイボートセールス様 ・ポパイアングラーズイン様

「本多電子様」
「DUEL様」
「ゼナック様」
「ジャッカル様」

「マーキュリーマリン様」
「YAMAHA様」
「ダイコー様」
「サンライン様」
「魚探shop I-mode様」 
「東レフィッシング様」
「エコギア様」
「カツイチ様」
「テンリュウ様」
「webboatyard様」

小さなインナートーナメントにご理解賜りまして、感謝致しております。 
参加者を代表しまして、お礼申し上げます。

  おかげさまで5回目を数えることとなりました「バスドラカップ」。

 回を追うごとに参加人数も増えて参りまして、今回は競技の参加者が96人。BBQのみの参加者も合わせると99人。いよいよ大台です ^^;; 会場へのボート係留スペースの問題がありまして、そろそろ限界に近い状況なんですが、それでも参加者の皆さんの協力もありまして、何の問題もトラブルも事故もなく、無事に開催できましたこと、心からお礼申し上げます。

 さて、さて、当日の状況ですが、前日の大荒れ日本海バリの琵琶湖様とは打って変わって、時折風が吹くものの、静かな琵琶湖が我々を待っていてくれました。さすがに11月なので朝の冷えこみはかなりきつく、桟橋では霜が降りるほどでしたが、からっとした秋晴れになりまして絶好の釣り日和となりました。  前日は北西からの強風で船を出せないほどの荒れ具合に悩まされ、プラに出てらした方も多数居られましたが、釣りにはならず、魚も触らず、船も出さず、と言った感じの声しか聞きませんでしたので、果たして当日はウエインがあるのだろうか?(笑)と心配しておりましたが・・・

 で、朝の集合の図です↑。さすがに人数が多いので集まりが悪く、各マリーナの諸事情もありそうなので、仕方がなかったのか知れませんが、予定通りの時間にミーティングを開始するのは少し無理がありました ^^;;。今回からはスタッフによるタックルチェックや成績をパソコンに入力するなど、流れ的にも初めての試みだらけでしたので、余計に時間を食ったかもしれませんが、それでも不平不満なく?静かに進んで行きました(笑)。

 心配していた、桟橋への係留、砂浜刺しでの係留もお手伝いいただいたスタッフの皆さんのお力もありまして、集合〜ミーィティング〜スタートと時間的なこと以外は問題なくクリアーです。さすがにボートの数も60艇を越えますので、予定通りの時間に進めるのは無理があり、全体的に全てのタイムスケジュールが押すこととなりました。ミーティングも7時半を回ってましたので、スタートしたのは8時を回ってたかと思いますが、とりあえずは・・・・

 無事にスタートです〜!!
 
 好釣果に期待しつつ砂浜から見送って、参加者の皆さんのプレーンを眺めておりました。
北に南にそれぞれ舵をとり、琵琶湖へと消えていきました〜〜。頑張ってください!

NEXT >>

  
<写真提供 KNYさん>